FC2ブログ

オイルクーラー交換

前回、イグニッションコイルを交換した際、オイルクーラーからオイルが漏れているのを発見。よく見るとホースジョイントの根元にクラックが入っていました。
主治医の所で見つけたので、クラックをハンダで埋めてもらい、上からコーキングしてもらいました。
これで直ったかと思ったら、見えない後ろ側から漏れてきました。

これは一回オイルクーラーを外して補修しないと無理という事になり、この日は時間切れ。後日行うことに。

オイルクーラーにはあまり興味が無くて、価格もどれ位なのかも知らなかったのですが、調べてみると1万円位なので、交換しちゃう事にしました。

三和のサイトで調べてみると、いまだに純正品が買えるようなのでオーダーしました。

黒くなってMOCALのロゴが入ってますね。純正同等品と言う事でしょうか。

それでは交換というところで、
主治医「自分で交換できるだろ?」
私「は、はい…」(やった事無いんですけど…(^_^;))
ってなやり取りがあって、作業開始です!

まず、オイルクーラーのエンジンからのホースを外し、本体を取り外すと、ボディ側は漏れたオイルと、これまでの汚れで当然汚い。なのでパーツクリーナーをかけると、オイルクーラーの下の塗装が剥げて鉄板むき出しになってしまいました(^_^;)そのままでは錆びてしまうので、塗装しないといけません。
見えない所なので、マスキングして黒く塗っちゃいます。

乾くまでしばらく待ちます。
その間に新旧比較。

前のは随分とくたびれてますね。
シルバーより、黒の方が精悍で良いかも。グリルを装着した時も目立たないし。

さて、乾いたところで、マスキングテープを外し、

装着です。

装着自体は簡単で、なんてことは無かったです(^_^;)もっとオイルが垂れるかと思っていましたが、さほど垂れず、オイルを継ぎ足す必要もありませんでした。

今回オーダーしたオイルクーラーは、品質が余り良くないと聞いて、半月ほど待てば高品質(でもちょっと高価)なオイルクーラーが入荷するとのことでしたが、待てなかったので、とりあえずコレで様子を見ようと思います。また同じ所にクラックが入ってしまう予防策として、下側のマウントにゴムを挟みました。エンジン側のホースがステンメッシュなので硬く、エンジンが揺れると今回クラックが入った所に負荷がかかるようなんですね。ま、気休め程度ですが(^_^;)

オイルクーラーは街乗り程度では必要ないと言われますが、やっぱりあると、走ってさえいれば水温が低くなるので良いです。渋滞時には何の効力もありませんし、冬は冷え過ぎでグリルマフ必須ですが(^_^;)
オイルクーラー標準搭載はCooperSの大きな特徴でもあるので、外す選択肢は無いですね(^_^;)
スポンサーサイト
mini picnic 4th | Home | イグニッションコイル交換

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する